平成27年度 細木病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 341 49 19 18 38 60 156 220 320 112
当院は幅広い年齢層の患者さんに信頼される医療の提供を行っております。
全体的には60歳~90歳代の高齢の患者さんが多く、約60%を占めております。
また、10歳~50歳代は少ないものの、0歳~9歳については約25%を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080×099×0×× 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 98 22.64 14.34 9.18 78.05
050130××99000× 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 36.71 18.30 21.43 86.21
110310××99×××× 腎臓または尿路の感染症 手術なし 20 21.00 12.60 5.00 78.35
内科では、肺炎の患者さんが最も多くなっております。
平均在院日数は、全国平均と比較しても1週間以上長い傾向であり、心不全、腎臓または尿路の感染症についても、同じ傾向です。
高齢者の患者さんが多く重症化しやすいことも、長期入院の理由と考えられます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080×1×××0×× 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)手術・処置等2なし 107 6.31 5.72 0.93 2.69
150010×××××0×× ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 83 4.88 5.50 1.20 3.23
030270×××××××× 上気道炎 31 4.87 4.83 0.00 2.55
小児科は、マイコプラズマやRSウイルスなどによる肺炎、急性気管支炎、次いでウイルス性腸炎、上気道炎などの呼吸器感染症が多くなっています。
平均在院日数については、全国平均とほぼ同じ傾向です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×099030× 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 10 42.60 18.08 20.00 71.30
040040××9900×× 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 8 30.25 15.00 0.00 77.63
060150××03××0× 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 6 6.17 5.56 0.00 25.83
外科では、脳梗塞、肺の悪性腫瘍、次いで虫垂炎となっています。内科疾患の併存も多いため、平均在院日数も全体的に長期になっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230××01×××× 膝関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 30 61.73 27.21 6.67 76.00
160800××01×××× 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 30 70.93 28.70 10.00 83.43
160690××99××0× 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし副傷病なし 27 49.11 21.52 11.11 82.44
整形外科では、膝関節症、股関節大腿近位骨折、胸椎腰椎以下骨折損傷が多くを占めています。高齢の患者さんが多いため、全国平均と比較しても、
全体的に倍以上の平均在院日数になっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×099030× 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 2 18.00 18.08 0.00. 63.50
脳神経外科は、脳卒中の急性期病変である脳梗塞の患者さんが入院されています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030380×××××××× 鼻出血 1 3.00 6.29 0.00 66.00
030428×××××××× 突発性難聴 1 9.00 9.60 0.00. 75.00
耳鼻咽喉科は、鼻出血、突発性難聴の患者が入院されています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 3 0 5 1 1 8 1 7
大腸癌 1 2 4 4 0 13 1 7
乳癌 4 2 1 0 0 4 1 7
肺癌 0 0 1 4 0 13 1 7
肝癌 0 0 0 3 0 4 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大腸癌が最も多く、次いで胃癌、肺癌が多い傾向である。大腸癌と肺癌については、再発患者さんが多い傾向です。
積極的な治療を行う患者さんより、治療後の転院で、緩和ケア病棟に入院される患者さんが多い傾向です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 12 9.67 47.17
重症度 1 39 14.82 82.33
重症度 2 25 15.32 86.68
重症度 3 1 14.00 79.00
重症度 4 1 11.00 77.00
重症度 5 0 0.00 0.00
不明 1 3.00 79.00
患者数が最も多いのは、重症度1~2の患者さんとなっています。
平均年齢を見ると重症度1~2では80歳以上の高齢になっており、成人市中肺炎は高齢者ほど重症化していることが分かります。
当院では肺炎の患者さんが多く、重症化していることからも、この結果と合っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 3 11.67 78.67 0
その他 0 0 0 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 15 169.13 71.27 3
その他 7 96.71 78.57 3
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
脳梗塞3日以内の急性期脳梗塞の患者が最も多くなっています。平均年齢も70~79歳代と高い。転院率は低い。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 23 4.26 32.91 8.70 76.70
K664 胃瘻造設術 21 27.76 124.33 61.90 82.90
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) 7 81.29 167.29 14.29 84.14
内視鏡的胆道ステント留置が最も多く、次いで胃瘻造設術となっている。
胃瘻造設術は他の病院より、造設目的による入院が多く、造設後すぐに元の病院へ転院する例が非常に多い。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 16 1.11 5.81 0 0.88
小児科入院中の急性中耳炎が多い。
※DPCデータの為、実際の診療科とは異なる場合があります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 19 0.00 1.74 0.00 63.32
K6722 腹腔鏡下胆嚢摘出術 7 0.43 5.00 0.00 56.86
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 6 1.00 4.17 0.00 25.83
ヘルニア手術が多い。次いで、腹腔鏡下胆嚢摘出術、虫垂摘出術が多い。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 43 1.67 57.40 6.98 75.86
K0461 骨折観血的手術(上腕) 19 3.05 68.37 5.26 80.16
K0811 人工骨頭挿入術(股) 14 2.71 63.64 14.29 83.43
人工関節置換術が最も多く、次いで骨折観血的手術(上腕)、人工骨頭挿入術(股)となっている、全体的に75歳以上の高齢者である。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 2 0.15
180010 敗血症 同一 4 0.30
異なる 3 0.23
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 1 0.08
180040 手術・処置等の合併症 同一 0 0
異なる 0 0
全体的に見ても症例数は非常に少なく、全症例に対する割合も、全国平均と比較しても少ない傾向である。
更新履歴