平成28年度 細木病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 387 45 15 38 46 61 170 234 276 136
当院は、乳幼児から高齢の患者さんまで、幅広い年齢層の患者さんに対して、信頼される医療を提供していく努力を日々行っています。
全体の年齢層としては、60歳代~90歳代の高齢の患者さんが多く約60%を占めています。次いで0歳~9歳までが25%となっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130××99000× 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 33.08 17.95 20.00 87.32
180010×0×××0×× 敗血症(1歳以上)手術・処置等2なし 18 20.67 19.24 11.11 70.11
0400801299×000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROPスコア0 15 11.53 8.31 6.67 48.07
060340××03×00× 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹膜膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 25.43 11.06 14.29 78.79
160650××99×0×× コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2なし 14 52.86 23.85 21.43 79.21
内科は心不全患者が多く、次いで敗血症、肺炎が多くなっている。平成27年度は肺炎が最も多く次いで心不全、腎臓の患者さんが多い傾向であった。
平成28年度は胆管やコンパートメント症候群の患者数が増加し昨年とは少し傾向が変化してきている。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010×××××0×× ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 103 4.32 5.50 0.00 3.92
040090××××××0× 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)副傷病なし 58 5.62 6.02 0.00 1.38
0400801199×00× 肺炎等(1歳以上15歳未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 5.42 5.79 3.85 3.75
040100×××××00× 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 5.10 6.42 2.50 3.03
030270×××××××× 上気道炎 29 4.28 4.83 0.00 2.31
平成27年度は肺炎が多い傾向であったが、平成28年度は、圧倒的にウイルス性腸炎が多くなっている。急性気管支炎や肺炎は平成27年度と比較すると、
半数程度になっているが、相変わらず多くの患者さんが罹患している。平均在院日数については、どの傷病についても全国平均を下回っている。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010××03×0×× 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)手術・処置等2なし 12 5.25 6.59 0.00 60.25
060150××99××0× 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 10 7.20 6.91 0.00 32.10
060210××99000× ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 7 16.14 9.08 14.29 64.00
090010××02×0×× 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 7 11.14 10.30 0.00 77.29
060040××99×00× 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし副傷病なし 5 96.00 9.45 0.00 77.40
平成27年度とは異なり、平成28年度は乳房の悪性腫瘍の増加が著しい結果となっている。虫垂炎も微増、腸閉塞も多くなっている。
平均年齢に関しても平成27年度は70歳代が多くを占めていたが60歳代も多くなっている。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230××01×××× 膝関節症(変形性を含む)人工関節再置換術等 29 50.10 26.26 0.00 76.28
160800××01×××× 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 22 62.91 27.63 27.27 82.55
160690××99××0× 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む)手術なし 副傷病なし 16 59.81 20.57 6.25 85.44
07040×××01×××× 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む)人工関節再置換術等 15 56.13 24.42 6.67 72.60
160610××01×××× 四肢筋腱損傷 靭帯断裂形成手術等 11 26.64 20.87 0.00 56.64
ほぼ昨年と同様の傾向となっており、70歳代~80歳代の患者層が大部分を占めていることもあり、平均在院日数も全国平均を大きく上回っている。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040×099×00× 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2なし副傷病なし 2 7.5 19.35 50.00 75.50
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつJCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale0、1又は2 2 98.50 16.54 50.00 76.00
010230××99×00× てんかん 手術なし 手術・処置等2なし副傷病なし 2 3.00 7.12 0.00 63.00
010060×0990400 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつJCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale3、4又は5 1 12.00 21.90 0.00 83.00
010060×0990401 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつJCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale0、1又は2 1 10.00 16.33 0.00 67.00
脳神経外科についても、昨年同様に脳梗塞の患者さんがほとんどとなっている。ほぼ高齢者が占めている。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428×××××××× 突発性難聴 1 6.00 9.37 0.00 54.00
180010×0×××0×× 敗血症(1歳以上)手術・処置等2なし 1 13.0 19.24 0.00 86.00
突発性難聴の患者が入院
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 5 0 2 0 5 9 1 7
大腸癌 0 6 5 1 2 6 1 7
乳癌 15 6 3 2 0 5 1 7
肺癌 0 0 1 2 1 5 1 7
肝癌 0 0 0 0 0 2 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
外科の患者数が増加していることに比例して、圧倒的に乳癌患者さんが増加傾向にある。手術をして退院していく患者さんも多いが、
当院は緩和ケア病棟もあるため、再発後や積極的な治療は行わない患者も含まれる。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 25 12.84 54.80
中等症 40 16.53 81.58
重症 7 31.43 85.00
超重症 4 41.75 90.75
不明 0 0.00 0.00
重症度の程度は、平成27年度とほぼ同様の傾向であるが、比較すると平成28年度は肺炎患者数が減少傾向である。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 3 4.33 80.67 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 13 151.85 83.38 8.70
その他 10 232.60 76.90 8.70
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 1 8.00 94.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
脳梗塞についても平成27年度と同様の傾向と患者数であった。平均年齢についてはさらに上がっており、昨年の70歳代から、平成28年度は80歳代になっている。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 30 47.10 112.37 56.67 78.40
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 15 2.07 13.27 13.33 76.73
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合) 13 126.08 159.54 15.38 88.54
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 6 4.50 6.33 0.00 59.83
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 5 131.80 338.20 0.00 80.40
胃瘻造設術が大幅に増加している、昨年同様、造設目的にて入院し術後すぐに転院していく患者が多い。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 19 0.11 2.42 10.53 52.53
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 12 1.08 3.17 0.00 60.25
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 6 2.67 20.00 0.00 74.50
K4761 乳腺悪性腫瘍手術(単純乳房切除術(乳腺全摘術)) 5 1.00 12.00 0.00 76.80
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 5 0.20 4.40 0.00 53.20
乳腺悪性腫瘍手術が昨年とは違い、圧倒的に増加している。鼠径ヘルニア手術は昨年と同じ。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 50 6.66 49.92 4.00 76.18
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 23 6.00 75.17 13.04 83.00
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 13 1.92 25.31 0.00 73.46
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 12 11.92 45.58 33.33 83.00
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 12 3.50 20.42 0.00 51.67
人工関節置換術・骨折観血的手術は昨年と同様の傾向であるが、件数が大幅に増加している。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1742 水頭症手術(シャント手術) 1 1.00 10.00 0.00 56.00
水頭症手術実績1件。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 8 0.88 5.00 0.00 0.88
鼓膜切開術8件。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 3 0.21
180010 敗血症 同一 18 1.28
異なる 6 0.43
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 7 0.50
異なる 0 0.00
昨年度と比較しても、大幅に敗血症の症例数が増加している。その他は大きな変動はなかった。
更新履歴