個人情報保護方針

個人情報保護方針

個人情報保護に関する当院の基本方針

 当院は常日頃より患者さんの視点に立ち、質の高い医療の実現とよりよい患者サービスの提供を目標として、診療業務を営んでおります。患者さんの健康状態に応じて迅速に的確な医療を提供させて頂くには、患者さんに関する様々な医療情報が必要です。患者さんと確かな信頼関係を築き上げ、安心して医療サービスを受けていただくために、患者さんの個人情報の安全な管理は必須です。当院では、下記の基本方針に基づき、医療情報の管理を行い、患者さんの個人情報保護に厳重な注意を払っております。

  1. 当院では、個人情報に関する法律を遵守し、患者さんの情報を管理しています。
  2. 当院では、患者さんの個人情報を適正に取り扱うために、責任者を置き、職員教育を行っています。
  3. 当院では、診療及び病院の運営管理に必要な範囲においてのみ、患者さんの個人情報を収集しています。
  4. 当院では、患者さんの個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩を防止し、安全対策を実施いたします。
  5. 当院では、患者さんの個人情報を以下の場合を除いて、本来の利用目的の範囲を超えて使用いたしません。
    ○患者さんの了解を得た場合
    ○個人を識別あるいは特定できない状態(※1)にして利用する場合
    ○法令により提供を要求された場合 上記の場合及び緊急の場合には、その情報を第三者(※2)に提供することがあります。
  6. 当院では、一部検査等を外部の医療施設等に委託する場合があります。その際に、患者さんの情報をこれらの施設に知らせる必要のある場合があります。この場合、当院では、信頼のおける施設等を選択すると同時に、患者さんの個人情報が不適切に取り扱われないように契約を取り交わします。
  7. 当院では、患者さんが継続的に良い医療が受けられるように、患者さんの診療の目的であれば、診療に関する情報を、病院、診療所などに提供する場合があります。また、学会や研究等で医療の発展のために情報を利用する場合があります。
  8. 当院では、患者さんの必要に応じて医療情報を開示しています。但し、最良の治療の継続に支障をきたすことが考えられる場合は、開示しない場合があります。
  9. 上記の基本方針に関するお問い合わせは、メールまたは下記相談窓口までお願いいたします。

※1. 単に、個人の名前を消し去ることで匿名化するのではなく、通常の方法では患者さん本人を特定できない状態にされていること。
※2. 第三者とは、患者さん・本人及び当院以外をいい、本来の目的に該当しない、または患者さん本人によりその個人情報の利用の同意を得られていない
    団体・機関または個人を指す。
※ この方針は、患者さんのみならず、当院の職員及び当院と関係のあるすべての個人情報についても、上記と同様に扱います。
<個人情報相談窓口> 事務部長 宮地 耕一郎



専門医制度と連携したデータベース事業について


NCD(一般社団法人National Clinical Database)
⇒患者さん向け資料(PDF)