診療科案内

診療科案内

専門外来

●小児整形外来
新生児期の先天性股関節脱臼や内反足などの先天性疾患、乳幼児期の脳性麻痺や二分脊椎などの麻痺性疾患、学童期以降のペルテス病や側弯症などが主な対象疾患になります。

外来担当医表

診療科目 時間
甲状腺外来 午前 西岡 西山
午後 田口
せき外来 午後 小林
禁煙外来 午後 白神
小児整形外来 午後 山川
おしりの外来 午前 (堀見) (堀見)
午後 上地

担当医紹介

西岡 達矢

甲状腺外来

西岡 達矢(にしおか たつや)

副院長

糖尿病、高血圧、脂質異常症など生活習慣病の多くは血管(動脈)にダメージを与え、心臓病や脳卒中など全身の「血管病」を引き起こします。一方、これらの病気の背後に甲状腺や下垂体、副腎などホルモン産生臓器の病気(内分泌疾患)や腎臓病が隠れている場合もあります。当科では、専門的な立場からこれらの病気の診療を行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

内科(内分泌・糖尿病・腎臓病)

日本内分泌学会代議員

日本内科学会認定内科専門医
日本内分泌学会認定内分泌代謝科専門医、指導医
日本糖尿病学会専門医
日本腎臓学会専門医

せき外来

小林 誠(こばやし まこと)

副院長

気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)、肺癌などを中心に呼吸器内科と一般内科の診療を主におこなっています。気管支喘息などの呼吸器疾患は、長期間の治療が必要なことが多くありますが、きちんと治療を継続していけば治療効果も実感でき、患者さんの日常生活の質も大きく改善されます。コミュニケーションを深め、信頼関係を築いていくことを大切に、診療を行っていきたいと考えています。せき外来も担当していますので、咳がとまらないなどの症状など何でもご相談ください。長びく咳の原因としては、咳喘息が注目されていますが、肺癌や肺結核が隠れている場合もありますので、注意が必要です。

内科、呼吸器内科

日本内科学会認定内科医
総合内科専門医
日本呼吸器学会認定指導医
日本呼吸器学会認定専門医
日本アレルギー学会認定専門医
日本呼吸器内視鏡学会認定気管支鏡専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医

山川 晴吾

小児整形外来

山川 晴吾(やまかわ せいご)

リハビリ・整形外科部長

整形外科と小児整形外科の診療を行っています。新生児期から症状のみられる先天性股関節脱臼や、内反足などの先天性疾患、乳幼児期には脳性麻痺や二分脊椎の麻痺性疾患、あるいはO脚やX脚などの下肢アライメント異常、学童期においてはペルテス病や側弯症などが主な対象疾患となり、必要に応じてリハビリテーションに取り組んております。どうぞ、宜しくお願いします。

整形外科、小児整形外科

リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医
日本整形外科学会認定整形外科専門医