診療科案内

診療科案内

麻酔科

麻酔科の仕事は、手術時の痛みや術後の痛みから患者さんを開放することと、手術中の患者さんの安全を保つことです。そのため、手術中はずっと患者さんのそばで全身管理を行っています。また、大きな施設では、痛みコントロールのテクニックを生かして、慢性的な痛みの治療を行ったり、全身管理のテクニックを使って、集中治療室での全身管理を行ったりもしています。

担当医紹介

畠中 豊人

畠中 豊人(はたけなか しげと)

麻酔科部長

当院での私の役割は、患者さんにいかに痛みのない手術前後の入院生活を送っていただくかということです。そのため手術時には、持続硬膜外ブロックやその他のさまざまなブロック、またPCAという痛み止めを持続的に点滴から投与する方法などを患者さんの求めに応じて使用します。『ああ、痛くなくて良かった』という患者さんの笑顔を見るのが何よりの喜びです。
また、安心して手術を受けていただくために、手術前にはゆっくりと麻酔の説明をさせていただきますので、その際はどうかご遠慮なく何でもご質問ください。

麻酔全般、ICLS、JPTEC

日本麻酔科学会認定指導医
日本麻酔科学会認定専門医
ICLSコースディレクター
ICLSインストラクター