地域連携推進センター

地域連携推進センター

【患者サポート室】

【病床管理室】

【連携情報管理室】

当センターは、地域の限られた医療資源を有効に活用するための機能分担と連携を
促進し、患者さんにとって安心して治療から在宅まで切れ目なく満足度の高い良質の医療サービスを提供できるように努めています。
地域連携推進センターの主な業務について

病床管理室

専従の看護師が地域医療機関や施設からの入院相談に対し、速やかな受け入れができるよう院内のベットコントロールを担当しています。
高度急性期病院で治療を終えた後の在宅復帰を目指したりリハビリ目的の入院や、医療・介護支援の調整を行うための入院などのご相談にも対応しています。
また、医師やセラピストと連携し必要な支援が整えられるように調整し、必要に応じて病院訪問も行っています。
退院・転院に関する調整支援においては専従の看護師が医療ソーシャルワーカーとそれぞれの専門性を活かしながら協働し安心して退院できるように努めています。

患者サポート室

医療ソーシャルワーカーが入院から退院まで患者さんお一人おひとりを担当しています。
介護サービスや福祉サービスなどの各種制度のご説明や利用支援、退院調整、また生活面での不安や困りごとについての相談支援を行います。

連携情報管理室

診療予約、検査予約の窓口を担当しています。
患者さんが、最適な時に最適な医療を受けられるように受け入れの調整を行います。
地域医療機関との顔の見える関係を築くための訪問・広報活動を行い、オープンシステム登録医の受付窓口としても機能しています。
また、連携に関する情報管理部門として、様々な統計、紹介状・返書管理も行います。
診療情報提供書

Excelファイル [14KB]

PDFファイル [82KB]

紹介患者保険情報 FAX送信表

Excelファイル [17KB]

PDFファイル [61KB]

※ 保険情報につきましては、患者さんのご了解のうえ、宜しくお願いいたします。

紹介/逆紹介の流れ

紹介/逆紹介の流れ

CT・MRI検査予約の流れ

CT・MRI検査予約の流れ